化粧品系のお試しセットの場合

一定期間(1週間~2週間分くらい)激安のお試し価格で使って、気に入ったら継続して使ってみてくださいというのが目的といえます。
お試しセットはあくまでも宣伝なので、儲けは考えていないでしょう。
そのため初回限定となります。
あくまではじめての人へのお試しセットです。
街角でサンプルを配布していたりしますが、あれは不特定多数の人に渡すことになり、人を使うので人件費が結構かかってしまいます。
インターネットでは人件費はそんなかからず、検索してサイトを訪れてくれるユーザーは、「使ってみたい」という思いが強いため宣伝としてみれば企業としては「お試しセット」はぴったりといえます。

食品系のお試しセットの場合

地方の食べ物の場合、少量で注文すると送料が注文金額に対し高くなってしまうケースが多くあります。
そのため、お客さんが注文するのをためらうことによって結局、注文されず、売り上げが上がらないという負のスパイラルが起こります。
でも、本当はおいしくて一度買ったお客さんはリピーターになる割合が高いという店は最初は送料を負担し「儲けなし」でお客さんに提供します。
お試しセットを買ってくれたお客さんのうち何割かが継続して購入すると、タダでリピーターGETできるということになります。
また、最近では、お試しセットとは若干趣旨が違うかもしれませんが、わけあり商品も人気があります。
これは形が不揃い、商品を加工する際に割れてしまったなどの正規品としては販売できないものを激安で販売しているものになります。
このわけあり商品は味は正規品とまったく変わらない店も多いので、ぜひ活用してほしいです。